「NWJCトラディショナル」の記事

トライアンフ空冷モダンクラシック群は、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが魅力です。

舗装路も走り、多少のダートに乗り入れることも躊躇することなく、速さより心地よさで『操る歓び』が溢れてくる、そんな素敵なバイクライフをお過ごしいただきたいと思います。

旧サイトの記事はこちら

バイク屋の備忘録

トライアンフ最後の空冷スクランブラーNWJC2014を楽しむ ―岐阜のTさん

コロナ禍も少し収まり始めて、ボンネやスクランブラーなどNWJC Traditionalを走らせるには最適な季節がやってきた。いつものメンバーと定番の西へ出かけて自由気ままにバイク旅を存分に楽しみたいと... [続きを読む]

バイク屋の備忘録

これからも「最後の空冷ボンネビルT100」を楽しむ

トライアンフ ボンネビルが復刻した2001年よりバイク屋のバイク乗りとしてトライアンフ最後の空冷モダンクラシックシリーズを楽しみ、「乗り続けないと判らないこと」「乗り続けて解かること」などに基づいて、... [続きを読む]

トライアンフ最後の空冷ボンネビルT100をこれから楽しむために

バイクも環境問題とコストダウンのために電子制御満載が時代の流れですが、トライアンフ最後の空冷ボンネビルやスクランブラーが時代に流されること無く守り続けてきたものは、スペックやハイテク技術を盛り込みバイ... [続きを読む]

お問い合わせ