「空冷モダンクラシック」の記事

トライアンフ空冷モダンクラシック群は、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが魅力です。

舗装路も走り、多少のダートに乗り入れることも躊躇することなく、速さより心地よさで『操る歓び』が溢れてくる、そんな素敵なバイクライフをお過ごしいただきたいと思います。

旧サイトの記事はこちら

令和初の長距離でトライアンフ 空冷スクランブラーを振り返る

今年は、公私ともにしなければならないことが沢山あり、なかなか長距離ツーリングに出かけられず、短距離ツーリングをコツコツ楽しむだけの日々を送っていた。 天気予報は雨模様のようだったが、トライアンフ空冷ス... [続きを読む]

空冷スクランブラー2014仕様が教えてくれたこと

いつもの西日本へ 今年の2月末に、スクランブラーの車検を受けた。ゼッコーチョーであったはずの私の愛車は、プロの診断を受け、フロントブレーキに問題があることが発覚した。 自分では異常が無いと思っていて... [続きを読む]

愛知県 S・Kさん / ボンネビルT100 2003年式 / 26,643Km

クラシックなスタイルが好きで、10年前から憧れだったボンネビルを1年前に購入して乗っていたが、調子が悪く、こんなものかな・・10年前の車両だし、と思いながら自分なりに納得して、近場をチョイ乗りで楽しん... [続きを読む]

お問い合わせ