メンテナンス

オイルはバイクの血液

2007-07-08

最近のオイル業界について思うこと…

今も昔も、世の中に数多く存在するオイルメーカーやその銘柄。メーカーは売るがためにあの手この手でユーザーに訴えかけ日々努力しているわけですが、ユーザーにとってわかり難い物でもあります。それはオイルがエンジン内部で作用するものであるから、明らかに見た目でわかるものではなく、その良し悪しをライダー自身が体で感じ取らなければならないところにオイル選びの難しさがあるわけです。

燃費が良くなったとか、パワーが上がっただとか、ある程度数値で表せるものもあるかもしれませんが、その都度条件によって変化してくるものなので、継続的にデータを取り続け、正しい情報を得るにはユーザーレベルでは非常に難しいのが現状だと思います。

オイルメーカーは、莫大な経費を使ってレース活動に協賛したり、広告宣伝に力を入れたり、数々の関連グッズを販売したりと、イメージを最優先させる活動を行いユーザーにアピールしているのです。

ワークスチームが使っているから良いとか、製品のパッケージがカッコ良いとか、商品説明がいかにもそれらしい、などといったことで物選びをされてはいないでしょうか?

例えば、レースフィールドにおけるオイルの使用環境は・・・、確かにハイパワーエンジンで、絶えず高回転で使用されエンジンオイルにとっては非常に過酷な条件下で使用されるのでそれに耐えうる性能が要求されますが、見方を変えれば、レース中は渋滞などなく、走行風があたらなくなってオイルの温度が急激に上昇するような状況はまったくありません。またレース毎にオイルを交換するのが一般的なので、ある一定の走行距離やその期間継続的にオイルの性能を維持する必要は無いわけです。そういう観点で見れば、限られた条件の中での使用ですから、オイルとしてもその条件下で性能を満たせば良いわけで、それが単純にツーリングライダーが求めるオイルの性能と合致するとは思えません。
また、商品説明などにおいても、聞いたことも無いような専門用語を並べて、感覚的にユーザーの購買意欲をあおる手法も今だ横行しています。書いてある内容は嘘ではないのですが、誤解を招く表現が非常に多いのも事実です。

ではライダーが正しいもの選びをし、幸せになるにはどうしたらよいのでしょうか?

そもそもエンジンオイルは、バイクが本来もっている性能を発揮し、またそれを維持するために大切な役割を果たすものですが、言い換えればバイクを快適に走らすためのたった一つの要素でしかないということも言えます。 すなわち、いくら良いオイルを使用しても、エンジン調整がベストでなかったりすればダメな様に、それだけでバイクの調子がよくなるはずが無いわけです。 バイクはエンジン、キャブレター、車体、サスペンション、タイヤ・・・様々なパーツから成り立っていて、それぞれに種類や特色があり、目的に応じてそれらがバランスよくかみ合って初めて、快適に動く乗り物です。

オイルというある一点だけとらえてもバイクが良くなるはずがありません。 メンテナンスに関してもそうです。オイル交換はメンテナンスの一部分に過ぎません。タイヤの空気圧を見ることに始まって、バイクを快適に長く乗るには、適切なメンテナンスを施す事が必要不可欠です。 適切なメンテナンスを施すためには、専門のプロフェッショナルに任せるしかないのです。 そして、信頼のおけるプロにすべてをゆだね、お互いにコミュニケーションをとる事ができて、初めてそのライダーにとって最良のオイルを手にすることになると思うのですが・・・。

お問い合わせ

バイク屋の備忘録

バイク屋としての目線と、ツーリングライダーの目線を融合した観点から、思うこと感じることを綴っています。

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ