バイクレビュー

日本の道を速さより心地良さで走り続ける楽しさや、乗りこなす事より使いこなす事などをテーマに、ライダーの目線とメカニックの感性を融合した独自の観点から、ベストコンディションに仕上げた試乗車を駆って、一般情報にとらわれることの無い楽しみ方や、ライダー達のナマの声を紹介しています。

Scrambler スクランブラー

Scrambler

Scrambler基本情報
[排気量] 865cc
トライアンフ空冷モダンクラシック群は、電子制御システムなどが素晴しく発展した今日でも時代に流される事なく、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。
あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが、スクランブラーの魅力です。

快感速度 ゆっくり走れる高性能

NWJCの高田さんからトライアンフのモダンクラシックがとてもフィーリングが良いと聞きました。

現車を見ると意外にコンパクトでしかもなかなかカッコイイ、聞けばエンジンはフィーリングがとても良いと言われる。並列2気筒(バーチカルツイン)高田さんのインプレションを聞くと、余裕があってしかもゆっくり走れる。とても乗った気がするとの意見。百聞は一見にしかず、とりあえず試乗させてもらう。思った以上にエンジンは軽やかで心地いいとゆうかフィーリングが良すぎる。しかもトルクフルで、このまま乗って返りたいと思えるほどであった。

早速家族と相談して購入を決意した。しかし手放しには喜べない部分もいくつかあった。

一つ目はどうにもポジションが決まらない・・・。外国人向けなのかハンドルが遠く変な角度を向いている、ステップ位置がしっくりこず、うまく踏めない。そしてスクランブラーの特徴的なマフラーのせいでニーグリップができず膝がタンクに入らない。とにかくポジションが決まらないと思えたが、NWJCの高田さんも同じ不満を持っていたようで、ハンドルバーとステップがオリジナルで開発されていたので早速に交換。ライダーの目線で企画しただけのことはある。・・・しっくり来た。これならいけるマフラーの放熱板も加工でほとんど気にならないレベルに落ち着いた。これなら乗れる!!というわけで納車されました。

自分の車両にしてから乗った感想は思っていた以上にエンジンの感触が良くて、兎にかく低中速でのエンジンの鼓動感がたまらない。あえて言うならVツインの鼓動感のまま嫌な振動が無い感じだが、竜宮城の絵にも描けない美しさ状態で、これに関してはきっと話を聞けば聞くほど胡散臭く感じるので、兎にかく一度乗ることです。レポートに書けない行間の部分だと思います。ですから私もよく友人からどんな感じが聞かれますが。ただひとこと「乗ると良さがわかるよ。」とだけそっけなく答えることにしています。して前出のモディファイのおかげで、しっくりしたポジションとともに最高の贅沢な時間をすごしています。とにかく体感するのが近道だと思います。

この特性のおかげでちょっと、家の周りをぐるりと回ってくるだけでもこの恩恵にあずかることができ、とても乗っていて充実できます。時間的にも体力的にもあまり乗れないけれど。バイクは楽しみたいという私にとってはとてもありがたい特性となりました。BMWのころはそれこそ遠く300㌔ぐらい乗ってこないと乗ったと感じることができなかったのが、スクランブラーはちょっと近所に行くのも気持ちよく走れます。

じゃあ長距離は無理かというとそうでもなく、エンジンにゆとりもあるので長距離も問題ありません。一般道で車の後ろに付こうとも、その速度域が楽しいし、急ぐなら追い越しもストレスなく加速、さらに高速道路の巡航も苦にならない懐のふかさ、ただ早いだけではないゆっくりと走れる高性能の恩恵を受けつつ楽しませてもらっています。

しかしエンジン、ポジションと決まってきてツーリングに出ると一つ問題がでました。

サスの突き上げ、しかも不意に襲ってくる突き上げに悩まされることになりました。ほかの部分のネガが取り除かれるとそれが、余計に気になる結果となりました。その突き上げは普通に巡航しているとき、不意に何度もないところで襲ってくるので、先ほどまでの至福の時間が台無しになるだけでなく、それに備えるために今度は緊張を迫られる結果となりせっかくの良いバイクが残念に感じることがありました。

最初のころ、NWJCの高田さんもタイヤを変更したり、プリロードアジャスターや油面の変更に、ステアリングダンパーを着けたりと色々試されたみたいです。時間をかけて試す事からの結果は、WPとの共同開発でモダンクラシック用のサスを開発してくれました。CBのときもお世話になっているだけにとても信頼しているので、Fフォークオイルは変えたばかりでしたが迷わずフロントスプリングの交換をしました。しかもおまけでプリロードアジャスターも装着!!

早速試乗、最初はあたりが硬く失敗かと思いましたが、オイルがなじんでくると、今までの不愉快な突き上げが明らかになくなり、道路の轍越えのときのハンドルの追従性の向上やアスファルトの荒れたところでもスルスル通過していきます。意地悪に今まで必ず跳ね上げられていた路面の継ぎ目やマンホールも何事もなく通過してしまいそのたび思わずニンマリ、おまけにブレーキも今までよりよく効くという、恩恵も(タイヤの路面追従がアップしたためか?)このため長距離時つねに緊張しながらのライディングから開放されより快適な自分に等身大のスクランブラーに近づくことができました。

このリラックス効果と安心感は絶大な信頼感につながっています。今後の予定はリアサスもWPに交換したり、夜間のツーリングに安心なように高効率バルブやヘッドライトの交換なども予定しています。

あと自分時間でゆっくりスクランブラーを楽しんでいきたいと計画しています。また体力にも自身が出てきたので、足でまといにならない程度に、マスツーリングにも以前のように参加したいと思っています。

(レポーター 山本直人)

Scrambler

Scrambler

この車両に関連するユーザーボイス

    記事はありません。

この車両に関連するメンバーコラムの記事

その他のレビュー

Thruxton  スラクストン Review
Triumph Thruxton
トライアンフ空冷モダンクラシック群は、電子制御システムなどが素晴しく発展した今日でも時代に流される事なく、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。
あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが、スラクストンの魅力です。
[排気量] 865cc
Scrambler NWJC 2014  スクランブラーNWJCオリジナル Review
Triumph Scrambler NWJC 2014
トライアンフ空冷モダンクラシック群は、電子制御システムなどが素晴しく発展した今日でも時代に流される事なく、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。
あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが、スクランブラーNWJCオリジナルの魅力です。
バイク屋の備忘録:スクランブラーをより楽しむために
[排気量] 865cc
試乗可
Bonneville T100  ボンネビルT100 Review
Triumph Bonneville T100
トライアンフ空冷モダンクラシック群は、電子制御システムなどが素晴しく発展した今日でも時代に流される事なく、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。
あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが、ボンネビルT100の魅力です。
[排気量] 865cc
試乗可
Bonneville  ボンネビル Review
Triumph Bonneville
トライアンフ空冷モダンクラシック群は、電子制御システムなどが素晴しく発展した今日でも時代に流される事なく、バイクと人の間に電子制御などのハイテク技術が介在することがありません。
あくまでも操る人の感性が第一であるというアナログ回帰したかのようなモノ作りが、ボンネビルの魅力です。
[排気量] 865cc
お問い合わせ

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ