NWJCおすすめバイク:GL1800 GOLD WING

カテゴリを超えて長く楽しめるバイクに

North Wing JCでは、排気量やスペック、カテゴリーやブランドにとらわれず長く楽しんでいただくために、新車、中古車を問わず、独自のノウハウでメンテナンス/セットアップしています。

バイク屋のバイク乗りとして、実体験をとおして培った独自のノウハウにより、速さより心地良さで走り続ける楽しさを提供しています。

乗れば乗るほど愛着が湧いてくる、そんな価値あるバイクで素敵なバイクライフを満喫していただきたい。それが、バイク屋North Wing JCからの提案です。

詳細

この車両は、NWJC独自のメンテナンスとオリジナルパーツによるパッケージ販売をしています。

GL1800 GOLD WING ゴールドウイング

1832cc / 新車 : 2,408,400円
  • 試乗可
  • 展示中


※写真とは仕様が異なる場合があります

Gold Wing を駆ってバイクライフを満喫しませんか

いつかは乗ってみたいGold Wing 最後に乗りたいビッグバイクはGold Wing

Gold Wingを駆ってバイクライフを楽しみたい、と思われているベテランライダーも多いことと思います。

Gold Wingをこれから楽しみたい、と思われている貴方が、Gold Wingによるバイクライフを満喫できますよう、長年にわたりGold Wingをバイク乗りとして楽しんできましたバイク屋North Wing JCがお手伝いしたいと思います。

取回しは意外にも楽々です

大型バイクの場合、乗ることが億劫に成ってしまう一番の原因は取り回しの問題ではないかと思います。Gold Wingは大柄な車体ですが意外にも足つき性が良く、ガレージや駐車場の出し入れでも跨ったままリバースギアーを巧く使えば楽々。取り回しの問題はGold Wing ならではの装備で解決できます。

水平対向6気筒エンジン1832cc、車両重量400Kgの巨体を持つGold Wingは、大陸横断を前提に開発されたようですが、日本の道も知り尽くしたHONDAならではのスポーツツアラーですから、スペックだけでは語れない魅力があります。

ライダーの目線とメカニックの感性から

日本の道路事情でも使いこなせる装備の数々

巨体のGold Wingに跨ってみると、日本人の体形でも違和感のないハンドルポジションや足つき性の良さを実感できると思います。

足つき性の良さは、ゴーストップを繰り返す一般道でも不安やストレスなく、悠々と走り続けることを楽しめます。それは高速道の単調な景色の中を走り続けるのとは違い、変化に富んだ景色を楽しみながら走る面白さでもあります。

水平対向6気筒のエンジンレイアウトによる抜群の安定感と、心地よいと感じられる速度域が日本の道路事情にもマッチしたファイナルレシオは、オーバードライブのままでも、高速道から一般道まですべてで悠々とした走りを楽しめます。

フロントフォークはブレーキング時の沈み込みを抑えるアンチダイブ機構が、またリアーサスペンションはコンピューター制御のアジャスタブルサスが装備され、タンデムなど状況に応じた調整は手軽にボタン一つで操作できて、高速から低速域まで心地良い走りが楽しめる足回りです。

渋滞などでラジエターのファンが回るとサウナ状態となる暑い季節は、エンジンの熱がライダーの体力を消耗させています。しかし、Gold Wing は停止状態ではラジエターの熱を前方に排気して、動き始めると風圧で後方へ排気するなど、ライダーへの快適性を追求しています。

さらに、違和感の無いコンバインドABSブレーキシステム、タンデムでもパッセンジャー納得の極上シートなど、心地好く走り続けるための装備が充実しています。

ツアラーとしての積載力はサイドとトップのパニアケースは、総量で142Lと大容量でタンデムでのロングツーリングでも申し分なく、パニアケースの開閉状態などは、メーター下の液晶ディスプレイに表示されるから安全性も高く、安心感があります。

高級ブランドと云われる輸入バイクでも、経年劣化の度合いなどその違いは歴然です。Gold Wingでは考えられないトラブルが発生する場合も多く、或るところを境に経年劣化が一段と進むため、維持するためのランニングコストには大きな違いがあります。

メンテナンスにより走りの質は向上する

“乗りこなす”ことが前提であれば多少の違和感など気にすることはないのかもしれませんが、車重400Kg超の巨大なGold Wingでも気後れすることなく、道を選ばず上手く使いこなせて楽しむには、ライダーとの相性を高めるトータルバランスが重要なのです。

意外に思われるかもしれませんが、新しいだけでは心地よい走りを得ることが出来ないことや、経時変化によりバランスが崩れますから、メンテナンスによって本来の良さを発揮する事は総てのバイクに云えることなのです。

HONDAのフラッグシップGold Wingと云えどもオイルやフィルター交換テスターチェックに加えて、エンジンや足回りには必ずメンテナンスが必要な箇所があります。

排気量1832ccスペック重量400Kgオーバーの巨大な車体を前にすると、大きさに圧倒されて「乗れるかな・・・」と不安にもなりますが、ライダーとしてビッグバイクの経験があり、メンテナンスによりコンディションが整っていればこそ、走り出せば極低速でも安定感があります。スペック重量に惑わされがちですが、体感重量はその大柄な車体からは想像もできないほど軽く、扱いやすいことには意外に思えるでしょう。

それは、末永く愛着を持てるバイクで素敵なバイクライフを満喫するために、バイク乗りとメカニックの観点を融合したバイク屋North Wing JCでは、「こんなものです」という対応よりも、本来の良さは「そんなものじゃない!」と、実体験より培った経験からお伝えしたいことでもあります。

速さより心地よさで楽しむために

コンディションを整え、より上質な走りを楽しむ

排気量や速さではGold Wingを凌ぐ大型バイクは沢山ありますが、日本の道路環境の中では必要以上のパワーや速さがあっても、一般道での常用速度域にストレスを感じるビッグバイクも多く、高速道や主要道の移動だけで、日本の道を心行くまで楽しむ事が出来るでしょうか。

メンテナンスによりコンディションを整えたGold Wing であれば、高速道は勿論のこと、ゴーストップを繰り返す一般道でも、意外なほどコンパクトに感じて、ワインディングを豪快に駆け抜け、Gold Wing では苦手と思われる九十九折れの峠道を軽快に楽しむ事が出来ます。

低速域での安定感と卓越した静粛性は周りを威圧することなく、早春の田園風景や紅葉の季節を悠々と走り、緩やかに風景の中に溶け込んでいく、そんな走りも楽しめます。

高速道をタンデムで駆け抜けて1000Km以上を一気に移動することや、流れに乗って一般道を悠々と走り、ワインディングを軽快に駆け抜けてお気に入りの目的地を目指すなど、楽しみ方は十人十色です。

何なりとお気軽にご相談ください

バイク屋のバイク乗りとして ‘88 GL1500から現行のGold Wingまでを楽しみ、同時に10数年にわたりBMWなど輸入車のツアラーモデルも楽しみ、其々の違和感に思うところを改善して乗り続けてきました。

実体験により培われた経験から生まれたNorth Wing JC独自のノウハウを、Gold Wingでも蓄積しています。

信頼性・耐久性・ランニングコスト・日本の道路事情での使い勝手など、Gold WingはHONDAのフラッグシップとして質の高さを誇れることをバイク屋North Wing JCでは実感しています。

North Wing JCより販売しましたバイクに御乗りのお客様で、「ライディングに自信が無いから長距離ツーリングは・・・」「久しぶりだから基本をもう一度・・」「林道も上手く乗りたいけど・・」そんな悩みをお持ちでしたら、迷わずご相談ください。

何でこんな簡単な事で・・・と意外に思われるのですが、バイクを操ることは体を操ることですから、その効果には多くのライダーが納得されるNorth Wing JC独自の『トレッキングごっこ』にてバックアップいたします。

パッケージ内容

  • 実体験により蓄積したノウハウによる各部調整

この車両の関連パーツ

  • 只今準備中です

関連するメンバーコラムの記事

関連する記事

お問い合わせ

バイク屋の備忘録

バイク屋としての目線と、ツーリングライダーの目線を融合した観点から、思うこと感じることを綴っています。

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ