特集企画:カブ110Expressで日本列島縦断

2015-06-26

ビッグバイクと同等のフル積載状態で走り続けても、一般道では何ら遜色なく心地よく走り続けられる楽しさを持った車両に仕上がっていることを確認するために、日本列島を5日間で縦断するツーリングを実施。

ワインディングから九十九折れの峠道など色々な道で、気負うことなく楽しめることが実証できました。

カブ110Express サロベツ原野にて

使用車両

カブ110Expressは、カブ110NWJCコンプリートのバージョンアップを図ったツアラー仕様です。

バイク屋North Wing JCがバイク乗りの目線で、ビジネスモデルである14インチのカブ110プロをベースに、フロント回りを刷新したカブ110NWJCコンプリートの企画をしてから2年。キャンプツーリングやロングツーリングなど、積載力を問われるツーリングを心地よく楽しむために、さらに積載力を高め、専用スクリーンや雪道やフラットダートで威力を発揮するアンダーガードなども装備しました。

ビッグバイクと同等のフル積載状態で走り続けても、一般道では何ら遜色なく心地よく走り続けられる楽しさを持った車両に仕上がっています。

Express仕様の積載方法について (追記2015.9.3)

リアキャリアには76Lの大容量で剛性のあるアルミ製トップケースを装着しています。車体の小さなカブで両サイドへの増量は、ハードなパニアケースよりもソフトなサイドバックを採用しました。

バイク屋のバイク乗りの経験から、転倒や事故など万が一のときでも、ライダーへ干渉した場合の負担も小さく、安全性を考慮してソフトバッグを装備することがベストな選択であると考えています。

カブへの積載における考慮すべき問題点については、七馬力紀行『カブの積載力と積載について』をご覧ください。

この記事に関連する記事

お問い合わせ

バイク屋の備忘録

バイク屋としての目線と、ツーリングライダーの目線を融合した観点から、思うこと感じることを綴っています。

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ