メンバーコラム

スタッフのバイクライフ

2012-01-13

2012年は素敵なバイクライフを共に!雪中ツーリングその2

過去の雪中ツーリングは、思い込みや先入観がいっぱい!

今回のような雪中ツーリングは、昔に何度か連れて行って貰い、完全に凍りついた氷の透明な道?や圧雪状態で中々登れなかった道をとにかくアクセルを開けてガムシャラに登ったことを思い出しました。

XR230で雪中へ

その当時のXR250はセルも着いていなくて転倒するとエンジンをかけるのも一苦労しました。

XLRやCRMに混ざって何故かCT200、CT110(ハンターカブ)も一緒に行きましたが、当時乗っていた逆車のXR250やCRMはパワーがあって、その頃はパワーさえあれば勢いで上っていくと思っていたのが大きな間違いで、圧雪や凍結路面を楽々と登って行ったのは、何とCT110やCT200だったことは驚きでした。

パワーや排気量が全てという先入観や思い込みと現実とのギャップを思い知らされ、何故だろう?何故・・・?という疑問を持ったことを思い出しました。

併し、ノースウイングJC独自の「トレッキングごっこ」をやるようになってからは、何故あの時CT110が巧く登れたのかも少し理解できるし、ガムシャラにアクセルを開けることも無く、すべてをタイヤに頼らないグリップも意識できるようになりました。

バイクライフを更に面白く楽しめるノースウイングJC独自の「トレッキングごっこ」については、暖かくなってトレッキングごっこで山へ入れるころに詳しくご紹介しようと思います。

XR230は何故2バルブエンジンなのか?

XR250の4バルブエンジンは高回転域でレスポンス良く力強さを発揮してXR230より高性能だと思われていますが、実は僕もXR230よりXR250と思っていました。XR230 2バルブエンジンの特性は低回転域で扱いやすく粘りがあり、一世を風靡したHONDAのトライアル車TLR200も同じ2バルブエンジンです。

HONDAのトライアル車TLR200

同じ流れをくむXR230の2バルブエンジンは、速さよりも心地よさを重視して、手軽に市街地のチョイ乗りからツーリングやトレッキングごっこ等にも最適で気負わず楽しめます。楽しみ方は十人十色ですが、自由度の高い価値ある1台だと思います。

余談ですが、CB400SB Revoのエンジンは2バルブ?4バルブ?

XR230等の2バルブエンジンとXR250等の4バルブエンジン両方のメリットを組み合わせ、低回転域は2バルブで扱いやすく、高回転域は4バルブで力強く、と切り替わる機構(VTEC)を備えたエンジン特性をもつのが、HONDA CB400SB HYPER VTEC Revoです。日本の道を気負わず、チョイ乗りから長距離ツーリングまで心地よく楽しめるノースウイングJCお勧めのロードスポーツバイクです。

Honda CB三兄弟一気乗り比較ツーリング ~NWJC試乗車編~

最強のトレッキングマシーン GASAGASパンペーラ

南店に戻ってみんなで色々話をしている時にパンペーラはやっぱり凄いねという話になりましたが、パンペーラでXR230のように気負わずお手軽ツーリングにはちょっと・・・・という話が出ていました。

GASGASパンペーラ3台

GASGASパンペーラは現在生産されていませんが、価格はXR230の約2倍で見た目はエンデューロバイクですが、搭載しているエンジンはトライアル車というかなり変わったバイクです。

2サイクルエンジンの混合仕様で満タンでも100キロ位しか走れないそうで、ちょっと遠くの山や長い林道に行く時は予備のガソリンや2サイクルオイルは必需品だそうです。レーサーに保安部品とナンバーを付けた様なバイクで、かなりこだわった方が何人か所有されて、たまに獣道などでトレッキングを楽しんでみえます。

GASGASパンペーラで雪中へ その1 GASGASパンペーラで雪中へ その2

大晦日も4日の為に社長と明さんは、クラッチのオーバーホールや各部を点検調整中で、トレッキングや獣道などOffを楽しむ事に特化したマシンのコンディション維持するのは中々大変そうでした。

装備の差を実感!

それと帰ってきてから分かった事ですが、深い雪の中でも3速で軽々と進むパンペーラは、どうやら車両の性能だけでは無くノースウイングJCオリジナルのスキッドプレートがかなり効いていたようで、社長が「モンテカルロのミニと同じだよ~ん」と、笑っていました。

これは明らかに経験の差ですが・・・・・言われる通り雪が深いとXR230はクランクケースに雪が溜まり全部抵抗になってしまって・・・・してやられたという思いです。早速XR230にスキッドプレートを装備して次回の季節限定雪中トレッキングに向けての準備に取り掛かろうと思っています。

心地良く楽しめるバイクというのは人其々に違うとは思いますが、ツーリングが嫌いなライダーは少ないと思います。恒例の初乗りも季節限定雪中トレッキングを其々に楽しんで、次回のツーリングは、また新たなルートを皆で楽しむこととなり、其々の家路に向かいました。

今年もツーリングにキャンプツーリングや「トレッキングごっこ」等を一緒に楽しみたいと思いますのでよろしくお願いします。

細川 ヒロアキ

2012-01-13

スタッフのバイクライフ その他の記事一覧

もっと見る

お問い合わせ

バイク屋の備忘録

バイク屋としての目線と、ツーリングライダーの目線を融合した観点から、思うこと感じることを綴っています。

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ