メンバーコラム

スタッフのバイクライフ

2015-11-14

No.31 カブで日本を旅する

キャンプ道具などの荷物をフル積載したクロスカブが、日本1周の途中でメンテナンスに立ち寄りました。

クロスカブに乗るH・Nさんは滋賀県在住で、CB1300からトライアンフ ストリートトリプルRに当店で代替されてサーキットのスポーツ走行も楽しまれ、ツーリングでは同じストリートトリプルRで共に楽しむこともありました。

フル積載

以前はカブ90で北海道ツーリング等を楽しまれていましたが、昨年の4月にクロスカブを当店で購入後、サイドバック用のステーやリアキャリアの加工など、近所の鉄工所でロングツーリング用に追加工されて、日本各地を1年掛けて周りながらのツーリング(旅)を計画されていたようです。

旅の始まり⇒途中

出発は今年の春からで、四国・中国を周り北上して東北・北海道をのんびりと周り、寒くなるのに合わせて沖縄方面へ向かう途中で、南へ向かう前に各部をしっかりとメンテしてほしいと立ち寄られました。

事前に連絡を頂いたので、予定通り作業に取り掛かることが出来ました。

エンジンオイル

途中で何度かオイル交換をされたようですが、純正で良いですかと聞かれたエンジンオイルの中には、どうやら純正同等品といわれる廉価なものもあったようで、エンジンオイルを交換してからエンジン音が大きくなったり、熱ダレしてクラッチが少し滑る感じになったりと、エンジンオイルだけですごく違いがある事を体感されたようです。

エンジンからのメカノイズが大きくなり、エンジンも低速からのレスポンスやネバリが変わり始めたから、途中のバイク屋で調子を見てほしいと依頼されたそうですが、カブは何にもしなくても問題ないと・・・・・・・。

エンジン

クラッチ調整は、自分でも出来るので調整してみると、クラッチの繋がる感じが変わることを体感され、エンジンオイルなど僅かな違いで、ツーリングでの気分に大きな違いが出る事を実感されたようです。

メンテナンス

業務用として使われているカブならば、エンジンは動けば問題ないし、オイルも入っていれば問題は無いと云われるのも分るが、趣味で楽しむカブが動くだけでは楽しめない!と、納得できない対応に不満をもらされていました。

オイルは規格だけで選ぶことが出来ない難しさがあります。社長が5日間で列島縦断をした時は、フル積載状態で高回転の連続走行でエンジンを酷使することを前提に、EPL 10W-40の試作オイルのテストも兼ねていました。ビッグバイクよりも酷使されるカブのエンジンは、使い方によってオイルを選ぶことが重要です。

クロスカブとカブ110NWJCコンプリートの違い

カブ110NWJCコンプリートでは何ら問題は無いのですが、フル積載状態のクロスカブでは、少し早い流れに乗って走ると、17インチホイールの特性により、コーナーでは車体がよれるなどの症状が出て安定感がなくなります。

H・NさんもクロスカブとNWJCコンプリートを比較して随分迷われてクロスカブを選ばれたのですが、積載状態ではコーナーでヨレが出て乗り難くなる。とその違いを改めて実感されて少し後悔も・・・・・・。

クロスカブ

ペースが上がると車体のヨレは17インチホイールの特性で止むを得ない事は納得のうえで、40km/h程度なら何とか問題なく走れるから・・・と、H・Nさんのようにのんびり走って日本一周の旅を楽しむ事が出来る、時間的余裕があるのはうらやましい限りです。

積載状態ではブレーキング時にフルボトムして乗り難いと云われるクロスカブのフロントサスを少しでも乗り易くして、まだまだ続く旅を楽しんでもらえるよう簡易の対策をしました。

フォークオイルを交換して、スプリングの外径と同等の2mm程度の平ワッシャーを入れてプリロードをかければ、ブレーキング時のフィーリングも変わり、フロント周りの安定感がUPします。

フォークオイル

エンジンをはじめ各部のメンテナンスを終えてからH・Nさんが試乗され、なんでフロントサスがこんなに変わるの~これええわ~と、大満足。

南を目指して走り始めたH・Nさんが、気持ち良くのんびりペースで安全に旅の続きを楽しまれることを願いお見送りしました。お気をつけて~。

フル積載状態ではセンタースタンドを立てるのも一苦労ですから、クロスカブ用の強化サイドスタンドを装着されていましたが、ロングツーリングで使い続けると、NWJCコンプリートとはサイドスタンドの取り付け位置など耐久性と強度に違いがハッキリと表れて、このスタンドでは車体の傾きが段々大きくなってきて手軽に停まる事も・・・と、サイドスタンドの違いも実感されたようです。

小排気量のカブだからこそ

大排気量ならば有り余るパワーのほんの一部しか使うことがありませんが、カブのような小排気量は持てる力の総てを発揮させてこそ心地好く走り続けて楽しむ事が出来ますから、性能をフルに発揮させる為に、まずはエンジンコンディションを整える事が最優先です。

ビッグバイクでも、フォークオイルの交換など気にしたことも無いという方も多いのが現状ですから、カブならなおのこと必要が無いと思われているかもしれません。しかし、車格の違いはあっても気持ち良く走るためのメンテナンスは必須です。


埼玉よりツーリングを兼ねて初回点検で来店された、ヤングマンY・Kさんのカブは自衛隊の戦車カラー

バイク屋がカブに乗って、ロングツーリングなど実体験して、メカニックの目線でチェックすれば、ビッグバイクでは気にもならないことでも、より丁寧なメンテナンスが必要な事に何となく気づくのは不思議です。


かつてはBM乗りであった山形のT・Nさんは、ナラシを兼ねて山形新庄までツーリングを楽しまれました。

カブだから・・・と適当なメンテナンスでは趣味のバイクとしては楽しみに欠けます。小排気量のカブだからこそ、持てる力を存分に発揮させるためのメンテナンスでコンディションを整えて楽しみたいものです。

ベテランライダーの方々が遠方より

ビッグバイクも楽しんでいるベテランライダーの皆さんからは、一般道であれば行動範囲はビッグバイクとなんら変わらない事と手軽にブラリと出かけられる良さがあり、カブ110NWJCコンプリートがファーストバイクでビッグがセカンドバイクになったと云われる方が増え続けています。


ビッグバイクはBMW F800Rの愛知M・Yさん

それは、ベテランライダーだからこそ、車格やスペックだけでは楽しめない、バイクの奥深い魅力を其々の視点で実感されているからだと思います。


キャンプ好き静岡T・Kさん

ビッグバイクでロングツーリングやキャンプツーリング等を長年楽しんでこられたベテランライダーは、オイル交換等のメンテナンスを兼ねて岐阜までの道中をカブ110NWJCコンプリートで楽しまれて、一般道で片道200km以上走ってもビッグバイクと比べて所要時間はほとんど変わらず、これは新たな楽しみ方で新鮮ですと一言。


渓流釣りを楽しまれる宝塚K・Tさん

カブ110NWJCコンプリートが、フル積載状態でも少しハイペースな流れに乗って走る事も苦に為らず楽しめる事や、ダート等でハンドルポジションが良い事など、17インチのカブやクロスカブとの違いを伝えて、カブ110NWJCコンプリートを提案して良かった!とハッキリ言って嬉しいです。


野宿でツーリングを楽しまれる大阪Y・Nさん

ベテランからビギナーまで、気持ち良い走りでカブ110NWJCコンプリートを楽しんで頂くため、皆さんからの要望や意見などもお聞きして、メンテナンスやオリジナルパーツに反映させたり、ツーリングやキャンプのことなど色々な情報交換ができればと思います。

2015-11-14

スタッフのバイクライフ その他の記事一覧

もっと見る

お問い合わせ

バイク屋の備忘録

バイク屋としての目線と、ツーリングライダーの目線を融合した観点から、思うこと感じることを綴っています。

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963
  • お問い合わせ

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421
  • お問い合わせ